IEEE 日本支部

Chapter活動におけるメール配信について

[2018年7月13日]
IEEE Japan Council

基本方針

IEEE Japan Council のメール配信を参照

配信先

原則、配信者の所属する OU(Chapter)への配信が可能である。

もし関連する他OUへの配信を希望する場合
・他OU のOfficer へ直接配信を依頼する。
もしくは
・”eNotice Coordinator” には配信権限が付与されるため、配信を希望する 他OU の Officer へ、”eNotice Coordinator” としての登録を依頼する。
・IEEE 本部のeNotice スタッフへ直接依頼することも可能である。

配信内容

■ Chapter Operation Committee からの連絡事項

■ Chapter からの連絡事項、Chapter の主催/共催/協賛する学会や会合等の周知

配信の形式

受信される会員の利便性を考慮し、
Subject に【○○広報】(例:IEEE Japan Council 広報、IEEE SP-01 Japan Chapter 広報 等)
と入れることが望ましい。

<参考> eNotice(IEEE 本部のメール配信サービス)利用について

IEEE本部 eNotice Home

ChapterのOfficer にはアクセス権が付与されており、ご自身のIEEE Account にてログイン、配信操作が可能です。

■サービスのご利用方法詳細につきましては

Tutorial (PDF)
eNotice HELP

にてご確認下さい。

以上