IEEE 日本支部

Japan Council国内会員へのメール配信について

[2018年7月13日]
IEEE Japan Council

基本方針

国内IEEE会員へのメール配信については、2018年よりIEEE本部のメール配信システム「eNotice」を使用することとする。

配信ポリシー

IEEE本部のメール配信のポリシーに従うこととする。
本部ポリシーにおいて配信権限を有す者の責任において配信を行う。Japan Council役員、Chapter役員の承認を得ることとする。
また、各支部での配信は、各支部役員、各支部Chapter役員の承認を得ることとする。

個人情報やメール取扱いの原則

IEEE Email Terms and Conditions

IEEE Privacy Policy

メール配信のガイドライン

eNoice Home

eNoice Help

国内での配信は、IEEE本部のポリシーを基準としたうえで以下に留意することが望ましい。

■ 配信対象
・IEEE Japan Council事務局からの連絡事項
・IEEEの主催/共催/協賛の学会や会合等の周知
・上記以外の特例(Japan Councilおよび支部役員の確認が得られたもの)

■ 通知形式
・宛先と送信者の明記
・問合せ先の担当者およびEmailアドレスの明記

■ その他
・eNoticeは、IEEE本部の会員データと連動している。
メールアドレスの変更、配信停止・再開等については、my AccountのCommunication Preferences から各自で更新することとする。

以上