IEEE 日本支部

グレードについて

[2017年8月28日更新]

IEEE会員には下記の グレードがあり、 各人に適する最高のグレードをお持ちになることが望まれています。 AssociateからMemberへ、 MemberからSenior Memberへのアップグレードの申請 はオンラインで簡単にできます。

Honorary Member (HM)

HMは、IEEE会員以外から、IEEE関連分野において人類にとって賞賛すべき功績を挙げた人に対して与えられる。 選考は推薦に基づき、IEEE役員会が決定する。

Life Member (LM)

年齢が65歳以上であり、年齢とIEEE会員在籍年数の合計が100年以上の者。 “Life”のステータスは、上記条件を満たした翌年の1月1日から有効。

Fellow (F)

連続5年以上の会員歴を有するSenior Memberで、 IEEEの指定する分野で非常に優れた資質、経験を有し、その分野において著しい貢献をした者に与えられる。 推薦によりIEEE役員会が決定する。

Senior Member (SM)

SMは推薦によらずに自己申請ができるグレードの最高位で、 候補者は少なくとも10年間、専門的業務に携わっており、 そのうち少なくとも5年間にわたり重要な業績を挙げた者。 なお、10年間の中には、大学での研究年数を加えることができる。

Member (M)

IEEEの指定する分野で専門的な技能を有し、次のいずれかの条件を満たしている者。
i) IEEEが認定する教育課程を終了し、IEEEの指定する分野において学士号(又はそれに相当する資格)を取得した者、 または、
ii) 通常 i)の資格を要する地位にあり、少なくとも3年間の職業的経験を積んだ者。
IEEEが認定する教育課程を終了し、IEEEの指定する分野において学士号(又はそれに相当する資格)を取得し、それらの分野のうち1科目でも教えている先生、又は少なくとも3年間の教鞭経験があり、 教科の計画および指導に参加した者。
IEEEの指定する分野の職業に少なくとも6年間従事してことがあり、その経験により専門的な仕事に能力を示した者。
管理職にあり、少なくとも6年間IEEEの指定する分野の重要な技術/工学または研究の仕事を自ら指導したことがある者。

Associate (A)

Memberの資格を満たしていないが、IEEEの分野に興味を持っている者、 IEEE活動に参加することにより将来Memberの資格を満たす努力をしている者。

Graduate Student (GS)

通常の学業の少なくとも50%以上は大学院生として、 IEEEの指定する分野の正規科目を履修している者。

Student (S)

通常の学業の少なくとも50%以上は大学の学部生として、 IEEEの指定する分野の正規科目を履修している者。

 
Other Categories

Life Member (LF・LSM・LM)

年齢が65歳以上であり、年齢とIEEE会員在籍年数の合計が100年以上の者。 “Life”のステータスは、上記条件を満たした翌年の1月1日から有効。
Memberグレードにより、それぞれLife Fellow(LF)・Life Senior Member(LSM)・Life Member(LM)と呼ばれることがある。

Young Professionals (YP)

学部卒業後15年までの若手技術者・研究者。

Society Affiliate

IEEE Societyのみに加入の者。

[本部リンク]

詳しくはIEEE 本部サイト[Qualifications for IEEE Membership] 参照