「光技術を用いた超低位相雑音マイクロ波〜テラヘルツ波の発生技術」ワークショップ

首記ワークショップをMTT-S Kansai Chapterと共催いたします。お気軽にご参加下さい。

【概要】
光技術を用いると超低位相雑音のマイクロ波発生(例: キャリア周波数12GHz、オフセット周波数10kHzで-170dBc/Hz以下)が可能であることが知られています。本ワークショップでは、このような低雑音のマイクロ波およびテラヘルツ波発生技術のキーデバイスであるフォトダイオードについて、ならびに様々な応用を目指したシステム技術についてご講演を頂きます。

●主催: IEEE PS Kansai Chapter, IEEE MTT-S Kansai Chapter
●日時: 2022年6月25日(土) 13:00~17:00
●場所: オンライン開催 (Zoom ウェビナーを利用)
●参加資格: どなたでも参加できます。
●参加費: 無料です。
●事前申し込み: 文末の案内をご覧下さい。
●プログラム
テーマ:光技術を用いた超低位相雑音マイクロ波〜テラヘルツ波の発生技術
オーガナイザー:戸田 裕之(同志社大学)

講演1
・Title: Highly Linear InGaAs Photodiodes for Precise Timing Applications
over Wide Spectral Range
・講師: Shubhashish Datta様、Abhay Joshi 様(Discovery Semiconductors, Inc.)
・概要: 極めて小さい時間ジッタをもつ光クロックを忠実に電気信号に変換するためには、フェムト秒光周波数コムに対応する広い波長範囲において、線形な位相特性をもつフォトダイオード(PD)が必要である。本講演では、帯域18GHz、RF出力4Vppで6rad/W以下の位相特性をもつInGaAs PD、プッシュプルPDアレイペア、およびこれらを利用した様々なシステム応用について述べる。

講演2
・タイトル:高速・高出力フォトダイオード:UTC-PD
・Title: High-Speed and High-Output Photodiode: UTC-PD
・講師:伊藤 弘様(北里大学)
・概要:単一走行キャリア・フォトダイオード(Uni-Traveling-Carrier Photodiode: UTC-PD)は、光入力により発生した電子・正孔対のうち電子のみを活性なキャリアとして用いることで、高速性と高出力特性を同時に実現できる。本講演では、UTC-PDの特徴、素子特性、テラヘルツ波発生への適用などについて概説する。

講演3
・タイトル:電気光学変調器による光コムを用いた極低雑音マイクロ波発生
・Title: Ultralow-noise microwave generation using an electro-optic modulation comb
・講師:石澤 淳様(日本大学)、西川 正様(東京電機大学)、高 磊様(産業技術総合研究所)、日達研一様(NTT)、小栗克弥様(NTT)
・概要:我々は電気光学変調(EO)コムを用いて発生させた低雑音なマイクロ波を時刻同期技術へ応用することを目指している。高精度な時刻同期は金融・証券分野における高頻度取引、エネルギー分野におけるスマートグリッドの蓄給電タイミング合わせ、IoT、および高度交通システムの自動運転補助等への活用が期待されている。本講演では、EOコム発生、広帯域光発生、キャリアエンベロープオフセット信号検出、およびマイクロ波の位相雑音低減法について紹介する。

講演4
・タイトル:マイクロリング共振器を用いたKerr光周波数コムによるテラヘルツ波発生
・Title: Terahertz wave generation with a Kerr optical frequency comb based
on a microring resonator
・講師:鐵本智大様(情報通信研究機構)
・概要:光周波数コムは時間・周波数・空間領域での精密測定とRF帯における高安定の信号発生を可能にしたが、それを小型かつ安価に実現する手法として微小光共振器を用いたKerr光周波数コムが注目されている。このKerrコムは、集積された径が小さいリング共振器等を利用することで、繰り返し周波数をテラヘルツ波帯に設定できるという従来にない特徴を有している。本講演ではKerrコムを用いたテラヘルツ波発生の利点とその低雑音化手法を中心にお話しする。

なお、最新の情報は下記のサイトにてご確認ください。
http://www.ieee-jp.org/section/kansai/chapter/mtts/
https://ieee-jp.org/section/kansai/chapter/pho/

*******聴講について*******
ご聴講を希望される場合は、6月22日(水)までに下記のリンクからご登録をお願いします。
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_HRwrmDWLSfaDz7VyxTn4-A
なお、ウェビナー事前登録のリンクは下記URLにも掲載しています。
■ IEEE MTT-S Kansai Chapterのホームページ
http://www.ieee-jp.org/section/kansai/chapter/mtts/

(受賞)日本学士院賞 野田 進 教授

当チャプターの初代Chairを務められた野田 進 教授が、日本学士院賞を授賞されました。
おめでとうございます。

受賞者: 野田 進 氏(京都大学大学院工学研究科教授、京都大学大学院工学研究科附属光・電子理工学教育研究センター長)

研究題目:フォトニック結晶による光制御法の極限的開拓と半導体レーザ高度化への応用

受賞理由:野田 進氏は、屈折率が異なる2種類の素材を光の波長ほどのピッチで整然と並べた「フォトニック結晶」と呼ぶ人工構造の研究を先導し、独自の構造を考案・製作することで、光の波を極限的に制御する道を拓きました。これにより、様々な光学的性質や機能が実現でき、また、半導体レーザの性能や機能が格段に高度化できることを示しました。特に、微細な孔を規則的に設けた厚さ0.5μm以下の極薄膜に、孔のない極微領域を設け、その近傍の孔の配列を工夫することで、光の漏れの極めて少ない、性能指数(Q値)が1千万に及ぶ、極微小共振器として機能することなどを示しました。また、膜面に微細孔を周期的に設けた構造を発光層近傍に埋め込んだ半導体レーザ(=フォトニック結晶レーザ)を発明し、発光層の面積を拡大しても光のモード(姿態)が乱れず安定した状態で発振可能なことを示すとともに、今後のスマート社会(自動運転等)に不可欠なレーザ・レーダなどに適した高出力かつ高品質の光ビームが出射可能なことなどを実証しました。

プレスリリース
https://www.japan-acad.go.jp/japanese/news/2022/031401.html#007

2022 IEEE Photonics Society Kansai Chapter特別講演

電子情報通信学会/電気学会の光関連研究会が毎年1月に関西地区で開催している合同研究会との併催企画『IEEE Photonics Society Kansai Chapter特別講演』を今年も開催いたします。
お気軽にご参加下さい。
The annual IEEE Photonics Society Kansai Chapter Special Seminar, which has been programmed as the joint session with collocated IEICE/IEE joint meeting on photonics in Kansai area in January every year, will be held again this year.
Your participation is welcome.

【名称】
2022 IEEE Photonics Society Kansai Chapter特別講演

【日時】
2022年1月27日(木) / January 27 (Thu), 2022
17:20~18:20

【会場】
京都大学 楽友会館 (アクセス, MAP)
Kyoto University Rakuyu Kaikan (Access, MAP)

Continue reading

IEEE Photonics Society Kansai Chapter 第7回フォトニクス英語発表会

プログラムを公開しました。
Advanced program is now available.
オンライン聴講申し込みも受付中です。
Online registration is now open.

第7回フォトニクス英語発表会を開催いたします。奮ってご参加下さい。
IEEE Photonics Society Kansai Chapter sponsors the 7th Presentation School for International Conferences on Photonics.
Your participation is welcome.

【名称】
IEEE Photonics Society Kansai Chapter 第7回フォトニクス英語発表会

【日時】
2021年11月7日(日) / November 7 (Sun), 2021

【会場】
オンライン形式での開催となります。
This event will be held in a virtual format.

Continue reading