IEEE名古屋LMAGシンポジウム

「地震予知の可能性 ―最近の電気・電子・通信・計測・情報工学を活用して―」
日時:2019年8月31日(土)13:00~17:40
会場:名古屋市公会堂4階第7集会室(JR/地下鉄鶴舞駅 徒歩2分)
参加申込締切:8月2日
主催:IEEE名古屋支部LMAG
後援:名古屋工業大学研究協力会

巨大地震「南海トラフ地震」が予想されている中、地震の予知は困難と 言われていますが、大地震の前には、いろいろな先行現象(シグナル) が見出されています。それらを電気・電子・通信・計測・情報工学を包 括するIEEE(電気電子工学会)の総合力を活用して、地震予知ができな いかと、地震の機構を学びながら、その可能性を追求していこうと企画しました。 地震学会会長、地震予知連絡会会長の山岡先生の特別講演をはじめ最先 端で活躍されている研究者が講演します。「南海トラフ地震」のことも あり、奮ってご参加ください。

スケジュール:
1)13:00~13:05
 講演会の趣旨(IEEE名古屋LMAG会長 梅野 正義)
2)13:05~13:55
 山岡 耕春(名古屋大学大学院環境科学研究科・地震火山研究センター教授)  
 特別講演 南海トラフ地震に関する最新の知見と予測
3)13:55~14:35  
 服部 克巳(千葉大学大学院理学研究院教授)
 種々の地震先行現象
4)14:35~15:05  
 石田 昭(石田地震科学研究所長、元名工大教授)
 地震発生機構の新しい考え方
休憩〈15分〉
5)15:30~16:00 
 水野 彰(豊橋技術科学大学名誉教授)
 大気電流と地震との関連性の検討
6)16:00~16:40  
 梅野 健(京都大学大学院情報学研究科教授)
 大地震発生前の電離圏異常の解析とその発生メカニズム
7)16:40~17:20  
 井筒 潤(中部大学工学部・中部高等学術研究所国際GISセンター准教授)
 地震災害予測のためのデジタルアースの適用
8)17:25~17:40 総合討論(IEEE名古屋LMAG副会長 水野 彰)
9)17:45~19:15 意見交換会(公会堂地下1階 coffee rumba) 

なお、参加費無料、資料代\1,000、意見交換会費(\3,000)を申し受けます。

【申込み・問合せ先】
IEEE(電気電子工学会)名古屋支部LMAG(終身会員協議会)
メール:lmag.nagoya@gmail.com
またはFax:052-736-4382
Subject:IEEE名古屋LMAGシンポジウム出席  

※資料・会場等の準備の都合上、 本出席のご連絡を8月2日(金)までにいただけますようお願い申し上げます。
………………………………………………………………………………………  
     申込書
8月31日(土) LMAG名古屋シンポジウム「地震予知の可能性」

講演会      参加
意見交換会 参加 不参加 (いずれかにマークしてください)
ご氏名
ご連絡先
…………………………………………………………………………………………