概要

支部構成

IEEE 名古屋支部は東海地区(愛知,岐阜,三重,静岡)および北陸地区(福井,石川,富山)に在住する IEEE 会員によって構成され,現在約1200名の会員がいます.

設立の経緯

1998 年 2 月 IEEE 東京支部の方針に沿い、東京支部を幾つかの支部に分割するための第1回新支部設立検討委員会が開催されました。その後、各地区で新支部設立のための準備が開始され、1998 年 11 月には IEEE 本部 RAB/BOD にて新支部設立の方向が承認され、1999 年1 月の第2回新支部設立委員会/第1回 Japan Council 設立委員会、2月のIEEE 東京支部総会の審議・承認を経て、日本国内の IEEE の組織はJapan Council のもとに 8支部(札幌、仙台、東京、名古屋、関西、広島、四国、福岡)で運営されることになりました。 これらの経緯はIEEE東京支部から皆様に報告済です。その後、2006年6月に東京支部から信越支部が分離・設立され、現在は9支部となっています。

IEEE 名古屋支部については、Bylaws 草案と支部役員の候補者が 1999年3月中旬から名古屋支部ホームページ、E-mailなどで公示され、名古屋支部会員からの意見を聴取しました。1999年4月28日、IEEE名古屋支部拡大委員会/Annual Meeting が開催され、IEEE Nagoya Section Bylaws、1999/2000 名古屋支部役員が正式に承認され、その後、2005年7月における Bylaws の一部改正、2年毎の役員改選を経て、現在に至っています。

お願い

IEEE 名古屋支部の活動のさらなる活性化をはかるためには、
(1) 会員諸兄のプラスになるような活動・行事を積極的に計画・実施していく、
(2)関連学会との連携を図る、
(3) 新会員の勧誘、既会員のSenoior Member 、Fellow への推薦、
(4) 名古屋支部における Chapter, Student Branch の設立の推進
等を積極的に進めていく必要があります。IEEE 名古屋支部の会員諸兄の一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。