東京支部TPC主催、東京支部LMAG共催、で下記の講演会を開催致します。
どなたでも無料でご参加頂けます。 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

講演者

清水 敏久 氏
(東京都立大学 特任教授、名誉教授)
2017年 IEEE Fellow受賞

講演タイトル

「パワーエレクトロニクス研究開発を振り返って」
(Looking back on Power Electronics research and development)

講演概要

パワーエレクトロニクスは電力用半導体を用いて電力の変換・制御を行う総合的な学問として発展してきた。 その技術は幾多の電機製品をはじめ、近年では自動車・交通電気鉄道の高効率駆動システムや再生可能エネルギー用電力変換装置などに適用され、 エネルギー・環境問題対策に貢献している。 1970年代後半からこれまでの間に携わったパワーエレクトロニクス研究開発を振り返り、今後のパワーエレクトロニクスの研究を展望する。

日時

2021年12月15日(水) 10:00~12:00 (開始 5分前よりZoomにアクセス頂けます)

開催場所

★Web方式(Zoom利用予定)にて開催いたします。
参加方法はお申込みいただいた皆様に後日お知らせいたします。

主催/共催

IEEE 東京支部 TPC (Technical Program Committee)
IEEE 東京支部 LMAG(Life Members Affinity Group)

協賛
電子情報通信学会

 
定員
WEBでのご参加 200名(Zoom利用予定)

参加費

無料

申込方法

下記の申し込みフォームへご記入・ご送信下さい。

参加申込締切

2021年12月10日(金)締切 → 12月14日(火)まで延長中。

お問い合わせ先

メールアドレス: tokyosec@ieee-jp.org

ご注意
  • 必須の項目は、すべて入力、または選択して下さい。
  • 入力内容に不備がある場合やご連絡ができない場合は、申し込みを無効にさせていただく場合がございます。